不眠はマットレスで改善できる?

不眠はマットレスで改善できる?

不眠に悩む人は数多くいます。
不眠の原因は様々ですが、「寝具を変えることで長年の悩みだった不眠が解消された」という話も聞きます。
「マットレスなどの寝具を変えただけで不眠が解消したって…そんな都合のいい話…」と疑う方も多いですが、マットレスを変えただけで不眠が解消される場合も本当にあります。

不眠になる原因

不眠に悩んでいる方の多くが「そもそも不眠になる原因ってなんだろう?」と考えたことがあるでしょう。
不眠になる原因を知ることで、その原因を改善・取り除く努力をすることもでき、結果として不眠改善につながります。

●騒音

●ストレス

●寝具が合わない

●身体の病気

●心の病気

●不規則な生活・生活リズムが整っていない

●刺激物によるもの

●夜でも寝室が明るい

…等があります。

不眠を改善するにはどうしたらいい?

不眠の原因によって改善方法は様々です。

不眠の場合…

不眠の原因が騒音であればその騒音の原因を断つことが必要です。
騒音の原因が自分で改善できないことも多いので、耳栓等を利用する方もいます。
人によっては静かな音楽をかけてリラックスし、眠りにつく方も…!

ストレスの場合…

まずはそのストレスの原因を探すことから始めましょう。
何か緊張するようなことがあれば、その緊張を和らげたり、「寝なきゃ、寝なきゃ…」と必要以上に考えないようにしましょう。

寝具が合わない場合…

寝具が合わない場合は思い切って寝具を変えてみましょう。
不眠のほかにも長年悩まされていた腰や全身あちこちの痛み、疲労感が回復しない原因は実はマットレスにあるかもしれません。
「寝具なんてどれも同じでしょ?」とお考えの方、寝具専門店等へ足を運んでみてください。
自分に合った寝具は世界が変わります!
多くは枕やマットレスを変えるだけでも違います。それだけで眠りやすくなります。

生活リズムが整っていない場合…

朝は何時に寝て、何時に起きる…ご飯を食べる時間も決める…
そうすることで眠る時間を身体が覚えてくれるため、不眠が改善することがあります。

刺激物による場合…

刺激物を食べると体が興奮するため、眠りにくくなります。夜寝る前の刺激物の摂取は控えましょう。

部屋が明るい場合…

電気やテレビ(付けている場合)などを消し、外の明かりが入るようなら少し厚手のカーテンをしてみましょう。明るいと眠りにつきにくくなりますので、眠るときはできるだけ部屋を暗くしましょう。

「寝なきゃ、寝なきゃ。不眠を治さなきゃ治さなきゃ…」と考えてばかりいると、ストレスが溜まり治るものも治りにくくなってしまいます。
まずは”治す”ことよりも、不眠の原因を知ることが、不眠を治す第一歩です。
不眠と向き合って、改善できるように一歩一歩進みましょう。