快眠の為の枕を考える

枕一つで変わる就寝状態

寝具の一つとして欠かせない枕。
枕が変わると眠れない…なんていう人もいるほど、枕は睡眠と深い関係があります
不眠に悩まされているなんて人は、もしかしたら枕が合っていないせいかもしれません。

そもそも、なぜ寝るときに枕が必要なのでしょうか?
それは、頸椎のカーブを正常な状態に維持するためです。

頸椎というのは、立っている状態では正常な位置に保たれていますが、横になると位置がずれてしまいます。
枕はそれを正しい位置になるようにサポートしてくれているのですが、頭に合っていない枕を使うと頸椎が一晩中ずれたような状態になってしまうのです。

これでは、質の高い睡眠なんて無理。
しかも、頸椎だけでなく肩や腰にも悪影響を与えていく事になるのですから大変です。
起きた時に痛みを感じるなんて時は、枕があっていないために、体に無理がかかっていたのかもしれませんね。

このように、体に負担がかかる枕を使っていると快適な睡眠がとれずに不眠といった状態に落ちいってしまいます
それを予防するためにも、自分にあった枕を探したいもの。
でも、どんな枕が自分に合っているのか、なかなか難しい問題です。

そんなときは、枕の専門店などにいってその道のプロに聞くのが一番。
専門店ではベッドも用意されており、実際に横になった状態で最適な枕のタイプを見つけてくれます。

また、最近では医師が考案した枕というのが発売されています。
専門店までいくのはちょっと…といった場合は、医師が推奨する枕を使ってみてもいいですね。
インターネットでも気軽に購入することができます。

スリープドクターズピロー

スリープドクターズピロー

睡眠時の呼吸や動作を考えつくしたキングサイズの枕。
肩と頭とをまるごとサポートした画期的な設計となっています。

特殊3Dカット加工で睡眠時の呼吸をサポートし、滑らかなウェーブで快適な寝返りを実現。
頭部と背中部にそれぞれ特殊生地のカバーを採用しています。

また、特殊構造で肩や首への負担を軽減すると共に、独自に開発したウレタン素材で快適な使い心地としています。

お医者さんの快夢まくら

お医者さんの快夢まくら

平石貴久特別外来の医師・平石貴久先生が考案した快眠まくら。
頭や首、肩を優しくサポートして、朝までぐっすり。

スムーズな寝返りがうてるようにそら豆型とし、首や肩にあたる部分は緩やかなカーブでしっかりフィットします。
弾力性のある低反発ウレタンと柔らかなポリエステル綿の2層構造で理想的な高に、カバーは取り外しができるのでいつでも清潔に保てます。
嬉しい事に、交換返品1年保障付です。